【日本ダービー】ニシノデイジーにあって3強(皐月賞1~3着馬)にないもの

【日本ダービー】ニシノデイジーにあって3強(皐月賞1~3着馬)にないもの
アッと言わせる可能性が残されているニシノデイジー

日本ダービー(日曜=26日、東京芝2400メートル)美浦トレセン発秘話】「クイーンCの時は馬がイライラしてたけど、今回は中2週でも落ち着きがあり、カイバ食いもバッチリ。追い切りの感触も抜群だったからレースが楽しみです。うん、今週はカーニバルだな、カーニバル!」

 オークス当該週にこう語ったのはカレンブーケドール担当の中村雄貴助手。まさか大一番でクビ差2着の大接戦を演じるとは想像していなかった。威勢の良さなら厩舎一という彼のキャラクターもあるが、クイーンC(4着)でクロノジェネシスとの上がり差(0秒5)は致命的と判断してしまったからだ。だが、終わってみればディープ産駒のワンツー。改めて血の偉大さを痛感した次第である。

 さて、その意味で今週の日本ダービーもディープ産駒の皐月賞3着馬ダノンキングリーは要警戒かもしれない。前出カレンをアタマ差で負かした新馬戦も妙に運命的なものを感じてしまうのだが…。一方でどうしても捨てきれないのは、皐月賞でも本命を打ったニシノデイジー。結果は17着の大惨敗だったが、失うものがなくなった今回は大きな反発がありそうな気がするのだ。

「皐月賞も1角まではうまく折り合いがついて“いいな”と思っていたんですけどね。その後にハミを取りだしてからは終始かかり気味に…。まさか掲示板を外すとは思っていなかったし、自分の指示も甘かったかも。今回は内に入れて、思い切って抑える形でレースをしてもらうつもり。今の高速馬場がどうかだけど、中途半端な競馬はせず、しまいにかけるしかないと思うんですよ」


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年5月23日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「宝塚記念」のニュース

次に読みたい関連記事「宝塚記念」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「高松宮記念」のニュース

次に読みたい関連記事「高松宮記念」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「凱旋門賞」のニュース

次に読みたい関連記事「凱旋門賞」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。