日本サッカー協会元会長・小倉氏 令和時代の野望「五輪競技にフットサルを」

日本サッカー協会元会長・小倉氏 令和時代の野望「五輪競技にフットサルを」
サッカー界の躍進に貢献した小倉氏が激動の時代を振り返る

 激動の時代を支えた日本サッカー協会元会長の小倉純二氏(80=現最高顧問)が新たなチャレンジにまい進している。Jリーグ創設や日本代表のW杯出場などに貢献した同氏が、本紙インタビューで平成を振り返り、令和時代を見据えた。現在はFリーグ(フットサル)の最高執行責任者(COO)を務めるが、元日本代表FW三浦知良(52=J2横浜FC)らに参戦をオファー。フットサルを五輪競技にするべく奮闘している。

 ――サッカー界の発展に貢献した

 小倉氏 1988年のソウル五輪に日本は宿敵(で開催国)の韓国がいないのにアジア予選を突破できなかった。大きなショックだったし、非難もされた。そこで日本サッカーリーグは活性化委員会を立ち上げ、私が委員長を務め、議論しながら「プロ化する」との結論を出した。

 ――W杯招致と連動してプロ化の話は進んだ

 小倉 W杯招致ではナイター設備や観客を動員できる大型スタジアムが必要であり、「プロリーグ」がないと競技場を造ってもらえないとの話もあって(プロ化も)動いた。それが平成元年(89年)のことで革命だったんじゃないかな。91年にJリーグが発足し、93年に開幕。96年に28年ぶりのアトランタ五輪出場、98年にはフランスW杯初出場と、日本は平成時代に躍進した。その絵を描けたのは良かった。

 ――協会会長時代に印象に残る出来事

 小倉 やはり、なでしこジャパンの(2011年ドイツ)W杯制覇だね。(同年3月に)東日本大震災があって不安に包まれる中、ドイツ、米国に勝って優勝して国民栄誉賞までも…。本当にすごいことをしてくれた。被災地の方から「勇気をもらえた」と言ってもらえた。少しは力を与えられたのではないか。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年5月28日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ハンドボール」のニュース

次に読みたい関連記事「ハンドボール」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「バドミントン」のニュース

次に読みたい関連記事「バドミントン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「バレーボール」のニュース

次に読みたい関連記事「バレーボール」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。