【全米女子OP・初日】比嘉真美子6アンダー単独首位 圧巻のノーボギー

【全米女子OP・初日】比嘉真美子6アンダー単独首位 圧巻のノーボギー
“100点”のプレーで比嘉が首位に立った(ロイター=USA TODAY Sports)

【サウスカロライナ州チャールストン30日(日本時間31日)発】女子ゴルフのメジャー第2戦「全米女子オープン」(チャールストンCC=パー71)初日、比嘉真美子(25=TOYO TIRE)が65をマーク、6アンダーで単独首位に立った。昨年、大相撲の勢(32=伊勢ノ海)と婚約。未来のおかみさんが世界の頂点を目指す。比嘉と同じ組で回った成田美寿々(26=オンワードHD)も2アンダーの7位と好発進。やはり同組の畑岡奈紗(20=森ビル)は1オーバーの43位と出遅れた。

 昨年の「全英リコー女子オープン」でメジャー自己最高の4位。「過去の自分を超えたい」と今大会に臨んだ比嘉が会心のスタートを切った。

 出だし2ホールをパーとすると、3番パー3の第1打を1・5メートルにつけてバーディー先行。続く4番パー4も残り150ヤード、フェアウエーからの2打目できっちりグリーンをヒット。6メートルを沈めて連続バーディーとした。

 さらに5番パー5では残り50ヤードからの3打目を2メートルに寄せ、3連続バーディー。序盤で一気に貯金をつくった。

 今季は地元・沖縄での国内開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」で優勝。その後も3度のトップ10入りと順調な滑り出しを見せていた。ただ、最近の3試合では2度の予選落ち。開幕当初に比べるとやや調子を落としていたが、メジャーの舞台で勢いを取り戻した。

 9番パー5でもバーディーを奪い、4アンダーで後半を迎えると、10番パー4では7メートルを沈めて連続バーディー。その後、スコアカード通りにパーを積み重ねると、終盤の17番パー3では奥2メートルからバーディー奪取。最終18番パー4のバーディーパットは惜しくもカップの縁で止まったが「100点に近いゴルフだった」と最後まで流れを切らさなかった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年5月31日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「菊地絵理香」のニュース

次に読みたい関連記事「菊地絵理香」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「池田勇太」のニュース

次に読みたい関連記事「池田勇太」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「今平周吾」のニュース

次に読みたい関連記事「今平周吾」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。