大坂なおみ&錦織圭「東京五輪でペア」の仰天プラン浮上

大坂なおみ&錦織圭「東京五輪でペア」の仰天プラン浮上
大坂と錦織(左)は昨年11月にイベントで“初タッグ”を組んだ

 実現すれば東京五輪の超目玉だ! テニスの世界ランキング1位、大坂なおみ(21=日清食品)は全仏オープン女子シングルス3回戦(1日)で敗れ、4大大会3連続優勝の偉業を逃した。今後は7月のウィンブルドン選手権、連覇を狙う8月開幕の全米オープン、さらには来年の東京五輪での金メダルに期待がかかるが、水面下で仰天プランが浮上。なんと男子エースの錦織圭(29=日清食品)と東京五輪で混合ダブルスペア結成――という夢のような話だ。本紙はその可能性に迫った。

 大坂は全仏オープン3回戦で世界ランク42位カテリナ・シニアコバ(23=チェコ)に4―6、2―6でまさかのストレート負け。4大大会3連続Vの快挙は消え、試合後は「頭痛やストレスもあり、自分のプレーではなかった」と落胆した。

 苦手なクレー(赤土)コートの全仏制覇は来年以降にお預けとなった一方で“夢の話”が一部で進行している。それが東京五輪で大坂&錦織の混合ダブルスペア結成案だ。日本テニス協会のある理事はこう真剣に語る。

「2人が組めば日本中が盛り上がる。体力面は心配だが、混合ダブルスはお祭り的な要素もある。せっかく五輪が日本で開催されるのだから、ぜひ実現してほしい」

 現在、2人は東京五輪出場の意向を明かしており、ともに国別対抗戦(女子はフェド杯、男子はデビス杯)の規定出場数をクリアすれば出場確実。混合ダブルスにはシングルス、ダブルスの出場資格を持つ者がエントリー可能だ。日本テニス協会の土橋登志久強化本部長(52)は「最終的に選手の意向を優先し、現地で相談しながら決めることになる」と説明する。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月4日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「錦織圭」のニュース

次に読みたい関連記事「錦織圭」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「西岡良仁」のニュース

次に読みたい関連記事「西岡良仁」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ダニエル太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「ダニエル太郎」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。