引きこもり事件“負の連鎖”は続くのか

 先月28日に起きた“川崎殺傷事件”以降、負の連鎖が生じている。1日には元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者(76)が、引きこもりぎみの長男(44)を刺して死なせ、殺人未遂の疑いで警視庁練馬署に現行犯逮捕された。警視庁は容疑を殺人に切り替えて調べている。また、先月31日、福岡市では「仕事をしろ」と、とがめられた40代の無職の男が母と妹を襲撃。自宅に火を付け、自身は割腹自殺した。相次ぐ引きこもり絡みの事件は偶然なのか、それとも――。

「人を殺すような人ではないと思った」

 近隣住民がそう声を揃えるのは、長男を殺害した熊沢容疑者。2001年に農水事務次官に就任し、BSE(牛海綿状脳症)問題の責任を問われる形で02年に退官した。

 事件発生は1日の午後3時40分ごろ。東京都練馬区早宮の住宅で「息子を刺し殺した」と熊沢容疑者から110番があった。殺されたのは長男で無職の英一郎さん。同容疑者は妻と英一郎さんの3人暮らしで、警察官の到着時、妻は不在だった。

 警察の調べに熊沢容疑者は英一郎さんから日常的に暴力を受け「命の危険を感じた」と供述している。

 英一郎さんは引きこもりがちで、過去にツイッターで「勝手に親の都合で産んだんだから死ぬ最期の1秒まで子供に責任を持てと言いたいんだ私は」と発言していたとみられる。

 またオンラインゲーム「ドラゴンクエスト10」に没頭する名物ユーザーでもあり、ログインしたまま事件に遭遇したため、ゲーム内では「ステラ」の名前でいまも存在。他のユーザーが囲んで、蘇生の呪文「ザオラル」を唱えまくる事態となっている。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月4日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。