【POG】“第2形態”に突入した木村厩舎 ゴルコンダは挑戦しがいのある一頭

【POG】“第2形態”に突入した木村厩舎 ゴルコンダは挑戦しがいのある一頭
攻めの調教で鍛えられたゴルコンダ
       

【POGマル秘週報】日本ダービーを2日後に控えた金曜の夕刻。取材を終えて厩舎地区を歩いていると「今年も小倉に行くんですよね?」と呼び止められた。声の主は本間厩舎の三野助手。

「もうすぐコチョウジュニアの弟(ベルウッドコチョウ)が入ってくるんですよ。今年は彼と忘れ物を取りに行きます」

 その忘れ物とはコチョウジュニアが直前のソエで出走を断念せざるを得なかった「九州産馬の大一番」ひまわり賞のタイトルを持ち帰ることだ。

「ここまでやってきたのに…」と馬房で脚元に触れながら無念を伝える、三野助手の表情は1年を経ても忘れることはない。今年は残念ながら新潟から応援することになりそうだが、あの悔しさがあるからこそ大きくなれる。それぞれの決意を胸に、2019年夏はもう間近――ときれいにまとめるには、ネタが先行し過ぎか。やはり今、そこにある新馬戦の話題から入らないと…。

「ボーッと生きてるわけじゃねーから」と独特の言い回しでこれまでを振り返ったのは木村調教師。先週終了時点でわずか9勝止まり。昨年、受賞したJRA賞のタイトル(最高勝率&優秀技術調教師)が重荷になっているのか…。

 カミナリが落ちるのを承知の上でそのあたりを突っ込んでみたところ、「昨年と今年は俺にとっては別世界だから。今までやってきたことが通用しないのがこの世界。だから完成形なんてあり得ない」と口にした後、こう続けた。

「勝つにせよ、負けるにせよ、翌週に牧場へ行ってケロッとしている馬の姿を見ると“まだ走り切っていないんだな”とよく考えさせられる。性別や年齢に関係なく、能力を引き出すためには何が必要なのか、もっと突き詰めていかないと。これまでの経験と失敗を糧に、今年は大きなチャレンジになる」


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日本ダービー」に関する記事

「日本ダービー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日本ダービー」の記事

次に読みたい「日本ダービー」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月4日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。