【POG】“第2形態”に突入した木村厩舎 ゴルコンダは挑戦しがいのある一頭

       

 そう、今夏の木村厩舎は“第2形態”に突入。そのチャレンジの一端が垣間見えたのが、日曜(9日)東京芝1800メートルでレーンをパートナーに初陣を迎えるゴルコンダ(牡=父ヴィクトワールピサ、母ゴレラ)の1週前追い切りだ。

 前日夜からの降雨で南ウッドは水分をたっぷり含んだ重たい馬場。普通は4~5ハロンからしまい重点に時計をまとめる調教になるところだが、マーメイドSに出走するフローレスマジックを6ハロンから追走するハードな攻め。直線でもビッシリと追われ、併入に持ち込ませた。

「ヘコたれてもいいからと思って、あえて挑ませたんだけど、最後までしっかりと走り切れていた。1週前とすれば合格点だし、このひと追いでさらに上がってくると思う。半兄のプルガステルがそうだったように、この血統は競馬を使った後のテンションがテーマになる。そのあたりは経験が生かせる」と手応えを得ている。

 一方でグランアレグリアの全弟ブルトガング、ブラストワンピースの半妹ホウオウピースフルなど、良血がスタンバイしている当開催最終週(22日)の芝1800メートルにも、木村厩舎はクローストゥミー(牡=父リアルインパクト、母マチカネチコウヨレ)を出走させる。これもまた大きなチャレンジだ。

「落ち着きがあって、フットワークの質も高く、好きなタイプ。3月の時点では少し調整が遅れていたけど、5月に入って一気に上がってきた。この産駒はいいと思うよ」

 ちなみに「この産駒はいいと思うよ」というフレーズは、ロードカナロア産駒のトップバッターを飾ったステルヴィオのデビュー前と全く一緒。リアルインパクトはこの夏、ぜひ注目してほしい新種牡馬だ。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日本ダービー」に関する記事

「日本ダービー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日本ダービー」の記事

次に読みたい「日本ダービー」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月4日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。