【マーメイドS】体質の弱さ消えたスカーレットカラー“一生に一度の大駆け”

【マーメイドS】体質の弱さ消えたスカーレットカラー“一生に一度の大駆け”
今年の波乱の使者はスカーレットカラーだ

【マーメイドS(日曜=9日、阪神芝内2000メートル)栗東トレセン発秘話】上半期の古馬牝馬が目標とするヴィクトリアマイルが終わる→賞金を持った馬が休養に入り、空き巣状態に→条件馬が軽いハンデでやたらと出走。そのため高度な“読解力”が要求されるレースが日曜阪神メインのGIIIマーメイドSだ。

 人気通りに収まることは極めて少なく、昨年勝ったのも10番人気のアンドリエッテだった。

「勝因はやっぱりハンデ(51キロ)と“ここしかない”というジョッキー(国分恭)の好騎乗ですね。馬も最高のデキに仕上がっていました」とは牧田調教師。

 アンドリエッテといえば、デビュー当初から厩舎が大きな期待を寄せていたディープインパクト産駒で、牝馬3冠でも6→5→4着と、バイプレーヤーとして活躍した馬だった。

「あれだけの馬だし、どこかでタイトルを取らせたいと思っていたんです。マーメイドSは狙い通りでしたね」(牧田師)

 その後は1走(クイーンS=5着)しただけで引退。まさに一生に一度の大駆けだった。

 アンドリエッテほどの成績を残したわけではないが、今年の出走馬の中にも昨年、牝馬クラシックに顔をのぞかせていた馬がいる。スカーレットカラーだ。フェアリーS2着、桜花賞8着など、“脇役”として参加していた。ただし、このころは調整が順調にいくことが少なく、陣営も苦労が多かったという。

オークスも直前でアクシデント(フレグモーネ)があって出走できなかったし、秋華賞は出走取り消し(左後肢跛行)。あのころは爪も含めて、とにかく体質が弱かった」と話すのは高橋亮調教師。そのため追い切りで一杯に追われることはほとんどなかったという。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ヴィクトリアマイル + 追い切り」のおすすめ記事

「ヴィクトリアマイル + 追い切り」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「天皇賞」のニュース

次に読みたい関連記事「天皇賞」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「高松宮記念」のニュース

次に読みたい関連記事「高松宮記念」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月5日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. ヴィクトリアマイル 追い切り

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。