国内男子「日本ツアー選手権森ビル杯」最終日 メジャー初V堀川は“おじさん殺し”キャラ

 国内男子ゴルフの「日本ツアー選手権森ビル杯」最終日(9日、茨城・宍戸ヒルズCC西C=パー71)、3打差の首位でスタートした堀川未来夢(ほりかわ・みくむ=26、Wave Energy)が68とスコアを伸ばし、通算15アンダーで逃げ切り優勝を果たした。ツアー初Vがメジャー、しかも初日から首位を譲らない完全優勝だった。

「真顔が笑ってるんで、つい笑っちゃうんですよ」。優勝争いのなかでも笑みを絶やさなかった理由を堀川はやはり笑顔でこう明かした。

 そんなキャラクターもあってか、ベテランたちにかわいがられる。今季、同じ組でプレーした尾崎将司(72=I.S.T)、中嶋常幸(64=静ヒルズCC)はラウンド後にアドバイス、優勝が決まると片山晋呉(46=イーグルポイントGC)が真っ先に祝福しようと待ち受けていた。

 昨季終盤にも2度、最終日を首位で迎えたが、初Vには手が届かないままオフを迎えた。データを見直して、見つけた課題は最終日ではなく初日。「2日目以降に比べて、3パットが多いことが分かったので、練習日にロングパットの練習を多くして、初日から距離感を合わせられるようにしました」(堀川)。今大会では初日はもちろん、4日間で3パットは一度もなかった。

 次戦は予選会で出場権をつかんだ「全米オープン」(13日~、カリフォルニア州・ぺブルビーチGL)。さらに賞金ランキング3位に浮上し「全英オープン」(7月)の出場権も獲得した。「いろいろ急過ぎて、一度冷静になりたい(笑い)」。初めて立つ海外メジャーの舞台で、まずは予選通過を目指す。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月10日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュース

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宮里優作」のニュース

次に読みたい関連記事「宮里優作」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「谷口徹」のニュース

次に読みたい関連記事「谷口徹」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。