【新日本】IWGP防衛オカダ 王者でG1制覇の熱い決意

【新日本】IWGP防衛オカダ 王者でG1制覇の熱い決意
オカダはジェリコ(左)に強烈な蹴りを浴びせた

 9日の新日プロレス大阪城ホール大会で、IWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカ(31)がクリス・ジェリコ(48)の挑戦を退け、2度目の防衛に成功した。世界的ビッグネームとの大一番の幕切れには後味の悪さも残ったものの、次の大目標は「G1クライマックス」(7月6日、米テキサス州ダラスで開幕)制覇だ。今年の真夏の祭典には新たな強豪が続々と名乗りを上げ、例年以上に注目が集まる中で、レインメーカーは誰よりも特別な思いを抱いている――。

 世界が注目した初対決は意外な結末が待っていた。一進一退の攻防が続いた25分過ぎ、レインメーカーをかわされたオカダはジェリコのコードブレイカーをキャッチ。これをジェリコが前方回転エビ固めで切り返そうとしたところを上から押し潰す形で、意表を突いた3カウントを奪った。

 ところが、この決着に納得のいかないジェリコが試合後に大暴れだ。ジューダスエフェクト(ローリングバックエルボー)を食らったオカダは棚橋弘至(42)に救出されたものの、ダメージは大きく、無言で会場を後にした。

 本来なら来月に開幕が迫ったG1に向け、最高の形で終わりたかったところ。輝かしい実績を誇るレインメーカーのキャリアの中で、数少ない未達成事項の一つにIWGP王者でのG1制覇があるからだ。

 さらに今年のG1は史上初めて米国で開幕を迎えるが、その“発案者”がほかならぬオカダだったのだ。新日プロの親会社「ブシロード」のCMで2016年8月にハリウッド女優のミラ・ジョボビッチと共演した際、撮影地の米ロサンゼルスで木谷高明オーナー(59)に直談判したという。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月10日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。