舛添要一氏 老後資金2000万円不足問題で批判のみの野党を一蹴

舛添要一氏 老後資金2000万円不足問題で批判のみの野党を一蹴
舛添氏

 舛添要一前東京都知事(70)は10日、ツイッターを更新し、老後資金2000万円不足問題に言及した。

 国会では野党が与党を猛追及しているが、舛添氏は「国会での非生産的な議論にがっかり」と失望を隠さず。

「掛け金との比率で公的年金ほど有利な年金は民間にはない。1円も老後に不足しない年金制度を野党は提案してみるがよい。北欧で老後資金が不要なのは消費税が25%だからである。消費税増税には反対、老後の福祉は満額になど不可能だ」との考えを示し、批判のみで対案がない野党の主張を却下した。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月11日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。