問題作「主戦場」デザキ監督 過去に“日本人女性蔑視動画”製作

問題作「主戦場」デザキ監督 過去に“日本人女性蔑視動画”製作
ミキ・デザキ監督

 日系米国人のミキ・デザキ監督による、慰安婦強制連行を巡るドキュメンタリー映画「主戦場」が、出演協力した保守系論客らから上映差し止めなどを求められている騒動が拡大している。出演者から「作品は中立性を欠いている」「歴史修正主義者などのレッテル貼りされた」などの怒りの声が噴出。加えて、渦中のデザキ氏が過去に“日本人女性蔑視動画”を製作していたことが明らかになった。デザキ氏は、どんな人物で、何を考えているのか…。

 先月30日に「デザキ氏に騙された」として、保守系の出演者が同作品の上映差し止めや肖像権の侵害を求めて裁判を起こす旨の記者会見を開いた。これに対し、デザキ氏は上映差し止めには応じない構えを見せ、今月3日に会見した(いずれも本紙既報)。

 原告の一人で「テキサス親父日本事務局」の藤木俊一氏は、こう語る。

「出演にあたって交わした同意書上の約束が守られていないのです。作品が出来上がった時点で私に見せて、内容に不服がある場合は、その旨をテロップで紹介することになっていたが、無視された。そもそも、商業上映するなど全く聞かされていなかった」

 米国・カリフォルニア州弁護士でタレントのケント・ギルバート氏をはじめ、出演者全員が善意から無料で出演した。当時留学生のデザキ氏から、上智大大学院の「卒業リポートのための映画作り」と聞かされていたからだ。

 映画の内容は、まず藤木氏やケント氏などの保守系論客に語らせ、それを慰安婦強制連行肯定派に否定させるという完全な“後出しじゃんけん”の手法。発言は意図的に切り取られ、あたかも強制連行否定派が極端な思想や言動の持ち主であるかのように印象操作されていた。さらに、否定派の紹介テロップには「歴史修正主義者」「性差別者」など、悪意のある文字が躍っている。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月12日のスポーツ総合記事
「問題作「主戦場」デザキ監督 過去に“日本人女性蔑視動画”製作」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    こいつの性癖より、映画自体がじじばばがうだうだ言ってるだけのつまんない内容なんだろ。見る価値ないわ。パヨクがみてホルホルしてたら。

    9
  • 匿名さん 通報

    デザキ氏が女装し日本語でチ〇チン欲しいの?等の発言を続ける日本女性蔑視的な短編。一気に動画は削除されてしまった。女性蔑視者が慰安婦問題を撮る矛盾。記事の髭ボウズ写真がサイコパスに見えてくる。

    8
  • 匿名さん 通報

    >発言は意図的に切り取られ、あたかも強制連行否定派が極端な思想や言動の持ち主であるかのように印象操作されていた。 印象操作も何も普段連中が様々な媒体で言ってることそのままじゃん。

    5
  • 匿名さん 通報

    ツィッターで、#デザキ を検索すると見れますよ・・動画の削除に躍起になっているようですけど・・・

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。