“優良”タイ人風俗摘発の裏に東京五輪

 警視庁保安課は11日までに、タイ人の女性従業員を売春相手として客に紹介したとして、売春防止法違反(周旋)の疑いで、東京・鶯谷や歌舞伎町を拠点にデリバリーヘルス(派遣型風俗店)「タイガール」を経営していた浜口直之容疑者(46)ら男女9人を逮捕した。

 警視庁によると、浜口容疑者らは今年5月17、26日に、女性従業員を台東区のホテルに派遣し、男性客と引き合わせて、売春をあっせんした疑いが持たれている。

 同店は鶯谷近くと歌舞伎町に事務所を構え、タイ人の従業員約70人が勤務。「キャストの実在籍数と実出勤数が日本国内で最大、ならびに日本初のタイ風俗店」(同店HPから)と、1日約40人の客を集め、この約6年間で約16億円の売り上げがあったという。

 実際、「ヘルスプレイとタイマッサージの融合サービス。微笑みの国タイならではの癒やし」を宣伝文句とする同店は風俗情報誌や風俗サイトで、優良店と評価が高く、某大手サイトの「外国人デリヘル部門7年連続ナンバーワン」の認定を誇らしげに掲げていた。

「タイ女性は一生懸命でサービス精神も旺盛。外国人風俗でありがちな手抜き感がなく、教育がしっかりしていた印象。日本にいながらタイに行った異国情緒が味わえた」(ある利用客)

 同店のホームページでは女性従業員の募集だけはタイ語で書かれ、採用や指導をしていたのは同容疑で逮捕された浜口容疑者の妻で店長のタイ国籍のワンジャイ・ハタイカン容疑者(41)。従業員もタイ人ネットワークで集まっていたようだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月13日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「五輪」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。