男性アイドル裁判、「新選組―絆―」事務所に訴えられるもメンバーはギャラ未払い主張

記事まとめ

  • 「新選組―絆―」の元メンバー4人が、勝手に事務所をやめたとして違約金を支払うよう、元事務所から訴えられている。
  • メンバー4人は猛反論、ギャラの未払いなどがあったという。
  • 現在、訴訟は「元所属事務所側の必要書類が出揃うのを待っている状態」で、今後の動向が注目される。

前代未聞!男性アイドル裁判の行方 事務所が「違約金払え」メンバーはギャラ未払い主張

前代未聞!男性アイドル裁判の行方 事務所が「違約金払え」メンバーはギャラ未払い主張
元所属事務所とのトラブルを告発する「新選組―絆―」の元メンバー4人

 ファンによるアイドル暴行疑惑と事務所の不手際、コカインに大麻のドラッグ汚染…なにかと世間を騒がせている芸能界で、今度は男性アイドルが所属事務所に裁判を起こされるという前代未聞のトラブルが発覚した。大阪を拠点に活動していた男性アイドルユニット「新選組―絆―」の元メンバー4人が、勝手に事務所をやめたとして違約金を支払えと訴えられたのだ。これに対しメンバー4人は、ギャラの未払いなどがあったと本紙に猛反論。ジャニーズやNGTも注目のトラブルの行方は――。

 元所属事務所への怒りを本紙にブチまけたのは「新選組―絆―」の元メンバー夏川一成(24)、安達公汰(22)、砂内こうじ(23)、亀澤隼人(27)の4人だ。4人は2016年1月から17年2月にかけてそれぞれが元所属事務所のタレントとなり、「新選組―絆―」として活動していたが、徐々に事務所への不信感を深めていったという。4人を代表して、夏川がこう明かす。

「17年10月に『デモCD200枚を完売できたら本格デビュー』という約束だったけど、達成しても一向に本格デビューの話は進まないまま。いろいろ調べていくと、200枚を完売した後もなぜかデモCDが売られ続けていて、一体どういうことなのかと不信感が生まれたんです」

 メンバーは「新選組―絆―」のグループ名が、かつて島田紳助さんがプロデュースしていたアイドルユニット「新選組リアン」(リアンはフランス語で「絆」の意味)と酷似していることもひっかかっていた。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月13日のスポーツ総合記事
「前代未聞!男性アイドル裁判の行方 事務所が「違約金払え」メンバーはギャラ未払い主張」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    芸能事務所でカタギのとこなんて昔からないやろw。

    5
  • 匿名さん 通報

    なんで元所属事務所の名称が無いの? 調べりゃ分かるかもしれないけど、記事としては片手落ちでは?

    3
  • 匿名さん 通報

    山本さんの所とは、無関係?

    2
  • 匿名さん 通報

    HYBRIDBANKは潰れてしまえ

    1
  • 匿名さん 通報

    HYBRIDBANKの社長 https://youtu.be/FeDa2bV5UUo

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。