凱旋門賞挑戦フィエールマン 札幌記念ステップは手塚調教師が周到に準備したモデルケース

凱旋門賞挑戦フィエールマン 札幌記念ステップは手塚調教師が周到に準備したモデルケース
ルメールとのコンビで天皇賞・春を制したフィエールマン。海外への予行演習になる札幌記念もこのタッグで挑む

【美浦トレセン発秘話】今週から夏の北海道シリーズ(函館開催)が開幕。美浦でも関係者とのあいさつに出張の話題が交じるなど、いよいよローカルモード突入の趣が増してきた。そんな折、札幌記念(8月18日=札幌芝2000メートル)をステップに凱旋門賞(10月6日=パリロンシャン芝2400メートル)に挑むフィエールマンに関して、当方は手塚貴久調教師から興味深い話を聞く機会を得た。まず驚かされたのは指揮官の次なる言葉である。

「札幌記念は函館競馬場で調教して、レース前日に札幌競馬場に入る予定でいる」

 天皇賞・春を完勝し、本格化ムードを漂わす同馬にとって、いまだ当方が懸念するのは環境への適応能力。見知らぬ場所では食いが細くなり、体を減らすことも過去には少なくなかった。実際、初の輸送競馬になった昨年のラジオNIKKEI賞(2着)を前走比10キロ減で迎えたように、馬体重が調子のバロメーターになってきたのも事実である。初の函館入り、加えて初の札幌輸送は相当なリスク含みではないかと当初は考えた。

「それでも昨年の菊花賞や、天皇賞でしっかり馬体を維持して出走できたように、徐々に精神面も成長してきた感はあるよ。それに今回は、いろいろと試したいこともあるからね」(同師)

 聞けばステップとなる札幌記念は、凱旋門賞のモデルケースとして陣営が周到に用意したものであるという。それは単に洋芝の走りを確認するのみならず、出走の前段階に大きな比重を置くものでもあった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月13日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「有馬記念」のニュース

次に読みたい関連記事「有馬記念」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「日本ダービー」のニュース

次に読みたい関連記事「日本ダービー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「桜花賞」のニュース

次に読みたい関連記事「桜花賞」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。