【全日本選抜選手権】17歳・鏡優翔 世界3位の皆川を破り準決勝へ

【全日本選抜選手権】17歳・鏡優翔 世界3位の皆川を破り準決勝へ
皆川に勝利した鏡(右)

 レスリングの全日本選抜選手権初日(13日、駒沢体育館)、女子76キロ級1次リーグA組で17歳の鏡優翔(JOCエリートアカデミー)が世界3位の皆川博恵(31=クリナップ)を破るなど2連勝で同組1位となり、14日の準決勝に進んだ。

 4月のアジア選手権(中国)では72キロ級で優勝。短期間で階級を上げたが堂々としたレスリングで第一人者を撃破した。金星にも冷静さを失わない17歳は「今日のことは忘れて絶対に優勝したい」と表情を引き締めていた。

 また、男子でフリー97キロ級準決勝では、新日プロレス永田裕志(51)が監督を務めるブシロードクラブの山口剛(30)が92キロ級で世界3位の松本篤史(31=警視庁)を下し決勝に進出した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月13日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ボクシング」のニュース

次に読みたい関連記事「ボクシング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「柔道」のニュース

次に読みたい関連記事「柔道」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。