宮迫&ロンブー亮「反社知らず」「ノーギャラ」釈明崩れ絶体絶命 スポンサーが追放決断か

宮迫&ロンブー亮「反社知らず」「ノーギャラ」釈明崩れ絶体絶命 スポンサーが追放決断か
疑惑が深まってきた田村亮

 特番やイベントのオファー取りやめに――。反社会的勢力の忘年会に、事務所に無断で出席し“闇営業”をしたと批判を浴びている「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)の“追放”に、スポンサーが動きだしそうだ。これまで「反社会的勢力とは知らなかった」「ギャラは受け取っていない」としてきたが、その内容が大きく揺らいできたのだ。関係者はすでに「宮迫への特番やイベントのオファーが取りやめられている」と明かす。これではスポンサーの決断も時間の問題だ。

 この問題は、先週発売の写真週刊誌「フライデー」が報じて発覚したもの。大規模振り込め詐欺グループが2014年12月27日に都内のホテルで開いた忘年会に、多くの吉本所属の芸人が出席した。参加したのは仲介者の「カラテカ」入江慎也、宮迫、田村亮のほか、レイザーラモンHG、ガリットチュウの福島善成。ほかに無名の芸人が2~3人いた。

 さらに14日発売の同誌によると、この忘年会の半年前の同年6月ごろ、同じ詐欺グループの首謀者の誕生会に吉本所属の芸人が数多く出席したという。参加していたのは入江のほかムーディ勝山、「天津」木村卓寛、くまだまさし、ザ・パンチ、2700(現在はザ ツネハッチャン)など。

 この会には詐欺グループのメンバー100人以上が出席し、司会は入江が務めていたという。

 契約解除の原因となった忘年会について、入江は「反社会的勢力とは知らなかった」と話していたが、同誌は「それは真っ赤なウソ」と断言。詐欺グループの元メンバーは、この誕生会の前に少なくとも3度、入江と飲み会で同席したという。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月15日のスポーツ総合記事
「宮迫&ロンブー亮「反社知らず」「ノーギャラ」釈明崩れ絶体絶命 スポンサーが追放決断か」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    流石に吉本内は相当額のギャラを返上して中田カウスに渡せば済む話だが、スポンサーはそうもいかないだろう。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。