巨人・炭谷「打てる捕手」を実践 古巣・西武に強烈“お礼参り”

巨人・炭谷「打てる捕手」を実践 古巣・西武に強烈“お礼参り”
古巣から3ランを放った炭谷はガッツポーズ

 巨人・炭谷銀仁朗捕手(31)が13日の古巣・西武戦(メットライフ)で痛烈な“恩返し弾”を見舞い8—2の勝利に貢献。チームは3カード連続勝ち越しとなった。スタメン出場した2試合で計6打数2安打5打点と爆発した炭谷は持ち味の守備でも投手に寄り添う冷静な好リードを連発。相手主戦捕手・森にインサイドワークで格の違いを見せつけ、その打棒も2戦6打数無安打と封じた。“里帰り”を歓迎していた西武ファンも沈黙させる痛烈な古巣凱旋だった。

 4回、歓迎ムードだった前本拠地が凍りつく強烈な中押しの“恩返し3ラン”だった。

 西武・辻監督が「あの3点、あれがなかったらまだ分からなかった。あれがすべて」と嘆いた先発・郭の初球143キロの失投を完璧に打ち抜いた一発。炭谷は「待ってましたよ。(初球)真っすぐだったらいこうと思っていた。二死からだったので、何とか追加点が欲しいと思っていた。うれしかったです」と郭の特徴、森のリードを予測した上で放った凱旋弾を振り返った。

 受けては先発・桜井を7回4安打1失点と西武重量打線に仕事をさせず。「桜井がきっちり投げてくれて、リードしてる方としても楽でしたし、ナイスピッチングだったと思います。絶対勝ち越されないようにと思ってやってました。ライオンズを相手にして、いいところを見せられて良かったと思います」と要求に応えた右腕をたたえた。

 その炭谷には捕手として強烈なプライドがある。昨オフ、悩み抜いた末に13年間在籍した西武から巨人へのFA移籍を決断。直後、今年1月の自主トレでは昨今もてはやされる軽い論調の「打てる捕手」に対する不満をこう吐き出していた。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月14日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。