【米女子ツアー】横峯さくら通算5アンダー

【ミシガン州グランドラピッズ14日(日本時間15日)発】米女子ゴルフ「メイヤー・クラシック」2日目(ブライズフィールドCC=パー72)は日没サスペンデッドのため消化できなかった第1ラウンド(R)の残りと第2Rが行われ、3アンダーの30位で第1Rを終えた横峯さくら(33=エプソン)は70で回って、通算5アンダーでホールアウトした。山口すず夏(18=環境ステーション)は通算5オーバーで予選落ちが確実。第1Rで1アンダーだった野村敏京(26)はスタート前に棄権した。

 4アンダーの14位から出た畑岡奈紗(20=森ビル)は13ホール消化し、通算7アンダー。ホールアウトした中で首位はブルック・ヘンダーソン(21=カナダ)で通算16アンダー。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月15日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュース

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「有村智恵」のニュース

次に読みたい関連記事「有村智恵」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「池田勇太」のニュース

次に読みたい関連記事「池田勇太」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。