鷹木 15年前に交わした内藤との“約束”

鷹木 15年前に交わした内藤との“約束”
鷹木は沼津大会で共闘した内藤(右)との対戦を望んでいる

 新日プロレス「G1クライマックス」(7月6日、テキサス州ダラスで開幕)への初出場を狙う鷹木信悟(36)が14日、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(LIJ)の盟友・内藤哲也(36)との初対決に照準を合わせた。昨年10月の新日マット初参戦からジュニア戦線で結果を残してきたが、満を持してヘビー級リーグ戦に参戦表明。そこには15年前に交わした内藤との“約束”を果たす狙いもあった――。

 鷹木は「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」準優勝に終わったが、9日の大阪城大会で小島聡(48)とのシングル戦に快勝。ヘビー級相手にも結果を残したことでG1に名乗りを上げた。

 今年のG1には元WWEのディーン・アンブローズ改めジョン・モクスリー(33)、KENTA(38)らも参戦の意思を表明し、大幅な出場メンバー入れ替えも予想される。鷹木は「日本のプロレスが世界一だと思ってるから。モクスリーもKENTAも向こうでどれだけ活躍してたか知らないけど、8か月(新日マットで先に)やってきた俺としては、これであいつらが簡単に出られて、もしも俺が出場できなかったら面白くないね」と対抗心を燃やす。

 出場メンバーは16日の後楽園大会で正式発表される。ここで参戦決定となれば、鷹木にとって初のLIJ同門対決の可能性が高まる。鷹木は「SANADAにもEVILにも特別な思いはあるけど、誰と対戦したいかと言えば内藤に決まっている。昔から競い合っていた部分もあるし」ときっぱり。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月15日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。