JRAが禁止薬物で除外の馬に救済措置 全156頭に優先出走権付与

 日本中央競馬会(JRA)は16日、禁止薬物摂取の疑いにより15、16日の競馬で競走除外となった156頭に対し、救済措置を取ると発表。22、23日の競馬において、優先出走権を付与する。

 優先出走権を行使できるのは、同じ種別の自己条件の競走(競馬場、競走距離、コースは問いません)に限られるが、自ブロック対象競走については、自ブロック馬が優先される。

 また、当該飼料添加物が納入されていた厩舎の次週出走予定馬に対して、薬物検査を実施することを併せて発表した。16日までに365頭(美浦74頭、栗東291頭)から検査検体を採取しており、出馬投票前までに検査は終了するという。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月16日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。