交番襲撃・飯森裕次郎容疑者「拳銃強奪」の動機

 大阪府吹田市で警察官が拳銃を奪われた事件で大阪府警は17日午前6時34分、住所不定、職業不詳の飯森裕次郎容疑者(33)を大阪府内で逮捕した。事件は16日午前5時40分ごろに発生。同市内の「千里山交番」の敷地内で警察官が男に胸など7か所を刺され、実弾5発入りの回転式拳銃を奪われた。計画性も疑われる事件について、専門家は犯行の動機を「恨み」とみているが、28、29日に大阪市で開かれる20か国・地域首脳会議(G20サミット)への不安はないのか――。

 府警は17日、強盗殺人未遂容疑で飯森容疑者を全国に指名手配。間もなく、吹田市の北にある大阪府箕面市内の山中で発見し確保した。NHKの報道によると事件現場から約8キロ。ベンチの上でリュックを枕代わりにして横たわっていたという。

 飯森容疑者は拳銃を所持していた。捜査関係者によると、所持していた拳銃に残っていた実弾は4発。奪われた際は5発入っており、1発発砲された形跡がある。

 刺されたのは府警吹田署地域課の古瀬鈴之佑巡査(26)で、左胸に包丁が刺さった状態で見つかった。巡査の左胸の刺し傷は深さ約11センチに及んでいたことが捜査本部への取材で判明。約3分間で7か所以上を刺されるなどしており、捜査本部は飯森容疑者が強い殺意を持って襲ったとみて調べている。
 逮捕容疑は、16日午前5時40分ごろ、千里山交番の北側駐車場で古瀬巡査の左胸や両脚などを殺意を持って包丁で複数回突き刺し、拳銃1丁を奪った疑い。古瀬巡査の傷は肺を貫通し、心臓まで達しており意識不明の重体。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月17日のスポーツ総合記事
「交番襲撃・飯森裕次郎容疑者「拳銃強奪」の動機」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    こいつは障害者手帳を持っているが、交番を何度も下見してるし、同級生の住所を聞きだしていたり、凶器を買ったりと用意周到なので、判断能力はある。だから死刑でいい。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。