【宝塚記念GP値】先行の鬼キセキ「44」大阪杯で進化

【宝塚記念GP値】先行の鬼キセキ「44」大阪杯で進化
レースのカギを握るキセキ。果たしてどんなペースで逃げるのか?

宝塚記念(日曜=23日、阪神芝内2200メートル)令和元年・宝塚決戦「夏の祭典」独断!グランプリ値】サマーグランプリの第60回宝塚記念は出走頭数こそ少ないが、GI馬6頭の豪華メンバー。最強の1勝馬エタリオウもいる。不安定な天候も含めてかなり難解な一戦を、東スポグループトレセン取材班は徹底的な密着取材かつ独断的な視点で有力馬のグランプリ値を算出、連載でV確率を探っていく。今回は“徹底先行”キセキだ。

◇キセキ(GP値44=実績8、徹底先行9、舞台8、ローテ10、道悪9)◇

 5ハロン通過61秒3のスローペースだった前走の大阪杯(2着)は“肉を切らせて骨を断つ”スタイルを確立したキセキにとって、当初の想定とは違う競馬になってしまった。

「戦前は先行争いが激しくなるような話だったし、キセキ自身も精神的に成長して折り合いに気を使う必要もなくなっているから、ジョッキー(川田)には『無理な競り合いはしなくていいよ』と言っていた。でも、予想に反してペースが落ち着いちゃったね。持ち味が生きなかった」とは同馬を担当する清山助手。

 2番手からの競馬はイメージ通りでも、ペースが上がり切らなかったことで、どの馬でも差し込める展開になってしまった。勝ったアルアインから1秒以内の入線を果たした馬は、なんと11頭。自らハイペースを刻んで、馬群がばらける形で入線したジャパンCとは正反対のレースだ。

「JCの時はいい意味で“走り切ったな”という激しい息遣いで帰ってきた。あの時と比べると、大阪杯は半分もいってなかった。すぐに息も戻って“ホントにGIを走ったの?”って感じ」(同助手)


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「宝塚記念」に関する記事

「宝塚記念」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「宝塚記念」の記事

次に読みたい「宝塚記念」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月18日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。