東京五輪金取りへ“中国に負けない国家機密ラケット”開発中

 最終兵器が「金」に導く!? 卓球ニッポンは来年の東京五輪で複数種目のメダル獲得を狙っている。すでに男女とも世界のトップを争うレベルに達したが、頂点にたどり着くには最も大きな壁として立ちはだかる中国勢を倒さなければならない。そんな中で本紙は、水面下で“国家プロジェクト”が進行しているという仰天情報をキャッチ。日本卓球協会にとどまらず、数多くの外部スタッフが手掛けているものとは何なのか? 関係者を直撃した。

 東京五輪でのメダル獲得へ、男子では世界ランキング4位の張本智和(15=木下グループ)、女子では同6位の石川佳純(26=全農)、同7位の伊藤美誠(18=スターツ)らを筆頭に日本勢は確実に世界のトップに近づいている。

 しかし、リオ五輪男子シングルス金メダリストの馬龍(30)、同じく女子金メダリスト丁寧(28)ら超一流プレーヤーが集う中国勢が立ちはだかり、頂点を目指すのは容易ではない。日本と中国で競技人口が違うのは一目瞭然だが、なかなか実力差が縮まらないのはなぜか。日本協会の宮崎義仁強化本部長(60)は次のように指摘する。

「技術だったりデータ、その対策というのは日本のほうが進んでいる可能性もある。それよりも中国に100%負けているものは用具」。どうやら、“卓球王国”との距離を縮められない要因はラケットにあるというのだ。

 そんな「打倒・中国」に向け、本紙は水面下で“極秘プロジェクト”が進行しているとの情報をキャッチ。担当者は「国家秘密ですので…」としたが、話を聞いていくうちに少しずつ内容が明らかになった。それは新型ラケットの開発で「ただ従来のラケットの何かを変えるというものではありません。中国のラバーをしのぐラバーをゼロから製作しようということになったのです」と説明する。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月19日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「五輪」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。