【新馬勝ち2歳総点検・函館】最速上がりオータムレッド「距離が延びて良さそう」

【新馬勝ち2歳総点検・函館】最速上がりオータムレッド「距離が延びて良さそう」
最速上がりで初戦Vのオータムレッド(手前)

【新馬勝ち2歳総点検・函館】

★日曜(16日)芝1200メートル=新種牡馬ワールドエース産駒のオータムレッドが勝利。先団の直後で折り合いをつけると、直線では最速上がり34秒9の脚を駆使してみせた。

 現状はまだ緩さが残るが、素直な気性に加え、ゴール前できっちり前に出る勝負根性もなかなか。

「距離が延びて良さそうだし、これからの馬。それに俺はステークスと相性が良くないから(笑い)」とは手塚調教師で、GIII函館2歳S(7月21日=函館芝1200メートル)はパスし、次走は馬の様子を見てからになる。

★土曜(15日)芝1000メートル=除外3頭の中に有力馬も含まれていたため、低調なメンバーになった感は否めない。勝ったブルーパピヨンは2番手から抜け出す完勝で、58秒1の走破時計も悪くはないが…。

 あくまで次走予定の函館2歳Sが試金石になる。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月18日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。