阪神は引き分け挟んで4連敗 守屋失点に矢野監督「乗り越えてほしい」

阪神は引き分け挟んで4連敗 守屋失点に矢野監督「乗り越えてほしい」
引き揚げる矢野監督

 阪神は18日、楽天戦(倉敷)に3―5と敗れ、引き分けを挟んで4連敗。最大で6あった貯金も2に減った。

 過去、地方球場での登板では8戦7勝と抜群の相性を誇る先発・メッセンジャーが7回3失点の粘投でゲームをつくるも、3―3で降板した直後の8回、2番手・守屋が連打を浴び、ウィーラーの決勝の犠飛で勝ち越しを許す。打線も相手を上回る9安打を放ちながら、要所で抑えられた。

 矢野監督は「メッセンジャーは粘りを見せてくれていただけに、白星を挙げてほしかった。(同点の8回で起用した)守屋には乗り越えてほしいと思っていたが、これ以上(藤川)球児に無理をさせるわけにはいかなかった。こういう緊迫した場面でも抑えられるような投手になってほしい」と話した。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月18日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら