コロッケ ものまねレストラン移転の理由は「赤字で大変だった」

コロッケ ものまねレストラン移転の理由は「赤字で大変だった」
コロッケ

“ものまねの帝王”コロッケ(59)がプロデュースするものまねエンターテインメントライブシアター「CROKET MIMIC TOKYO」が六本木に移転し、18日に内覧会が開かれた。20日に営業を開始する。

 旧店舗は麻布十番駅直結の水槽のあるレストランとして、業界人の合コンやドラマの撮影に使われるオシャレスポットだったが、コロッケが目をつけて改装。日本のラスベガスを目指し、当初2億円の予算を5億円つぎ込んで営業し始めた。

 インバウンドに対応する質の高いナイトスポットを目指したが、出演タレントは新宿のものまね小屋と変わらず、値段は倍とあって苦戦。コロッケの高い理想と現実にはかなりのギャップがあり、開店半年後には閉店説が流れる始末。出演者内でも内紛があって雰囲気がギスギスしていたが、ものまね界の第一人者の意地で3年間持たせ、今年1月に閉店に至った。

 コロッケは「うそをついてもいまどき、すぐバレる。あとで叩かれるよりか、正直に全部言ったほうが気が楽。大人の事情がある。なんであんなにお金をかけたんだろう。赤字で大変だった」と振り返った。

 出演者やスタッフなどを含めると従業員は40人。客のほうが少ない状態が続いた。客席は2階建てと広いため、スカスカに見えたという。「一日、70~80人は入らないとペイできなかった」

 新店舗のある場所は、もともと名物ママが仕切るダイニングバーとして30年間営業されていた。昨年7月、おネエタレントのはるな愛(46)が大規模な改装を施し、エンタメスポットとしてスタートさせたが、トラブルからわずか10日間で休業に追い込まれてしまった。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月18日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら