井岡一翔が日本人初4階級制覇、一進一退の展開からパリクテに10回TKO勝ち

記事まとめ

  • ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王座決定戦で、同級2位・井岡一翔が同級1位アストン・パリクテに10ラウンド1分46秒でTKO勝ちした。
  • 日本人初の4階級制覇を果たした。
  • 井岡は日本人初の快挙を達成し「自分が思うように好きなボクシングをやっていって、結果で応えたい」と今後を見据えた。

井岡一翔が4階級制覇 難敵パリクテに10回TKO

井岡一翔が4階級制覇 難敵パリクテに10回TKO
4階級制覇を達成した井岡一翔

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王座決定戦(19日、千葉・幕張メッセ)は、同級2位・井岡一翔(30=Reason大貴)が同級1位アストン・パリクテ(28=フィリピン)に10ラウンド1分46秒TKO勝ち。日本人初の4階級制覇を果たした。

 試合はおとなしい立ち上がり。互いに少ない手数ながらも、序盤はパリクテが右を当てる場面が目立つ。3ラウンドになると井岡が左で挽回。だがこれといった決定打のない一進一退の展開が続く。

 声援よりもヤジが響き渡る場内がようやく沸いたのは7ラウンドだった。先にパリクテが大振りのパンチを当てると、井岡もワンツーで相手をのけぞらせる。打ち合いが始まるかと思われたが、再び静かな展開に。状況が一変したのは10ラウンドだった。

 右ストレートでパリクテの腰が一瞬沈んだのを井岡は見逃さなかった。すかさず右の連打を打ち込むとパリクテは防戦一方。腰が浮いた状態の相手に連打を浴びせると、レフェリーが間に入って試合を止めた。

 試合後は「全ての方々に感謝しかない」。日本人初の快挙を達成し「自分が思うように好きなボクシングをやっていって、結果で応えたい」と今後を見据えた。

 井岡の話「パリクテは懐が深くてやりにくかった。パンチもけっこう重くて、ガードの上からでも脳みそが揺れた。7ラウンドに連打してきて『勝負に来たな』と思った。ここで打ち勝たないと勝てないと思ったし(大みそかに判定負けした)前回のこともあったので、白黒しっかりつけたかった。このベルトを海外への『チケット』にして、他団体の王者とやりたい」

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月19日のスポーツ総合記事
「井岡一翔が4階級制覇 難敵パリクテに10回TKO」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    クソ東スポは安倍のポチやってないでスポーツだけ報道してろ。

    2
  • 匿名さん 通報

    パンチがヒットするのは相手も必死なので運もあるはず。その運を引き寄せるだけの努力があったのでしょう。曲折を経て見事につかんだ勝利は我々一般人にも力を与えてくれて、嬉しいです。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「井上尚弥」のニュース

次に読みたい関連記事「井上尚弥」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「村田諒太」のニュース

次に読みたい関連記事「村田諒太」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「フロイド・メイウェザー」のニュース

次に読みたい関連記事「フロイド・メイウェザー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。