日本男子初4階級制覇 井岡一翔ビッグイベント日本招致プラン浮上

日本男子初4階級制覇 井岡一翔ビッグイベント日本招致プラン浮上
一翔の鋭いパンチがパリクテ(右)の顔面をとらえた

 ビッグプランへの“切符”もゲットだ。WBO世界スーパーフライ級王座決定戦(19日、千葉・幕張メッセ)で同級2位の井岡一翔(30=Reason大貴)は同級1位のアストン・パリクテ(28=フィリピン)に10回1分46秒、TKO勝ちして日本男子初の4階級制覇を達成した。今後は「このベルトを海外への『チケット』にして、他団体の王者とやりたい」と統一戦を熱望したが、ビッグイベントそのものを日本に招致する計画が浮上している。

 勝負の10回、カウンターからの右ストレートをヒットさせ、パリクテの腰が一瞬沈んだのを一翔は見逃さなかった。「ここしかない」と判断し、すかさず右の連打を打ち込むと、パリクテは防戦一方。腰が浮いた状態の相手に一気にラッシュして、レフェリーが間に入り試合を止めた。

 序盤はともに手数が少ない展開で、先に仕掛けてきたのはパリクテだった。一翔は7回に大振りの右を食らって「ガードの上からでも脳みそが揺れた。会場もザワついて、ヤバいのかな?と思った」と振り返った上で「連打してきて、勝負に来たな、と。ここで打ち勝たないと勝てないと思ったし、白黒しっかりつけたかった」とハードパンチャー相手に堂々打ち勝った。

 一昨年大みそかに一度は引退を発表したが、昨年米国で復帰した。同大みそかにはマカオで4階級制覇に挑戦。だが無念の判定負けを喫し、今年3月には日本のライセンスを再取得と紆余曲折を経たが、文句なしの形で4階級制覇を達成した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 井岡一翔 Instagram
  2. 井岡一翔 谷村奈南
東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月20日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「井岡一翔 + 谷村奈南」のおすすめ記事

「井岡一翔 + 谷村奈南」のおすすめ記事をもっと見る

「井岡一翔 + Instagram」のおすすめ記事

「井岡一翔 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「フロイド・メイウェザー」のニュース

次に読みたい関連記事「フロイド・メイウェザー」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。