【宝塚記念GP値】マカヒキ「39」復活するなら「ここしかないくらいの気持ち」

【宝塚記念GP値】マカヒキ「39」復活するなら「ここしかないくらいの気持ち」
マカヒキ完全復活の時はもう間近だ

宝塚記念(日曜=23日、阪神芝内2200メートル)令和元年・宝塚決戦「夏の祭典」独断!グランプリ値】宝塚記念の有力馬の可能性を数値化する「グランプリ値」。連載最後は友道厩舎のマカヒキ。現時点の力が把握しにくい「3年前の日本ダービー馬」の評価はいかに!?

◇マカヒキ(GP値39=実績7、トレセン10、舞台7、ローテ9、道悪6◇

 現代競馬で成績を上げようと思えば、短期放牧をフル活用し、馬房を回転させることが何より重要。ゆえに昨年の天皇賞・秋(7着)から一度も放牧に出されていないマカヒキの存在は非常にレアケースだ。

 すでに8か月以上も在厩調整を続けているにもかかわらず、レースへの出走は今回が5走目。オーナーの理解はもちろんだが、マカヒキのために馬房をひとつ潰しているキュウ舎の決断は相当なものだろう。

天皇賞・秋も1週前までは悪くなかった。この状態で(武)豊さんに乗ってもらえるなら、楽しみを持って東京に行けると思っていたくらいなんですが…。しっかりと負荷をかけた1週前追い切りが、逆に負担となって一気に状態を落としてしまった。以前のマカヒキにできたことが現在はできなくなっている。じっくりと時間をかけて、体を緩めずにベースを作っていく作業が必要だと、あのときに思ったんです」(大江助手)

 天皇賞・秋から一度も放牧に出さず、在厩で調整しているのも、それが理由。「認めてくれたオーナーと調教師には本当に感謝しています」は偽らざる本心だろう。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月21日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「高松宮記念」のニュース

次に読みたい関連記事「高松宮記念」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「有馬記念」のニュース

次に読みたい関連記事「有馬記念」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「天皇賞」のニュース

次に読みたい関連記事「天皇賞」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。