阪神ワースト6連敗 矢野監督は凡走・木浪を怒りの懲罰交代

阪神ワースト6連敗 矢野監督は凡走・木浪を怒りの懲罰交代
代走・江越を送られた三走・木浪(左)

 交流戦不調の阪神が20日の楽天戦(甲子園)を2—3で落とし、今季ワーストの6連敗。4度目の同一カード3連敗で最大「6」あった貯金をついに使い果たした。

 試合はミスのオンパレード。糸井の適時打、梅野の7号ソロで2点を幸先よく先制したものの、5回に一塁手の原口、中堅手の近本が連続失策で力投する先発・高橋遥の足を引っ張った。1点を追う8回には無死一、三塁の絶好機で三走・木浪が近本の高く打球が上がった三ゴロにホームまで走らない痛恨のミスを犯した。この消極的なプレーに矢野燿大監督(50)は激怒し交代を命じた。

「完全に自分の準備不足でした」とうなだれる木浪に、矢野監督は「あの打球はもちろんホームにいけるプレー。これはオレらの指導、勉強というのもある。(ミスしたことは)返ってこない。今後どうしていくか、そこをしっかり考えていく」と神妙に話した。赤っ恥の5割逆戻り…。すでに交流戦負け越しが決定しており、まさに正念場を迎えている。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月21日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。