巨人・菅野 復活への道に難しい2つの選択肢

巨人・菅野 復活への道に難しい2つの選択肢
自身最短KOとなった菅野

 巨人が勝てば5年ぶりの交流戦優勝が決まるソフトバンク戦(東京ドーム)に1―5で完敗を喫した。誤算だったのは菅野智之投手(29)で、プロ入り最短となる1回0/3、4失点(自責2)KO。原辰徳監督(60)は背信投球に怒りを隠さなかったが、肝心なのはエースをどう復活させるかだ。だましだましか、ファーム再々調整か。難しい2択のはざまで揺れている。

 試合開始早々、指揮官の堪忍袋の緒が切れた。初回、福田に先頭打者本塁打を浴びた後も2四球を与えるなど安定せず、失策絡みの計3安打で4失点。2回も先頭打者だった投手の和田をこの日3個目の四球で歩かせ、原監督の我慢も限界を超えた。結局、初回の失点が重くのしかかり、5カード連続で勝ち越してきた交流戦の頂上対決はエースの乱調で“V逸”となった。

 試合後、報道陣に応対した指揮官の言葉には今季最大級の怒りがこもった。

「この一戦にかけるという部分から考えるならば、あそこは(交代せずに)引きずることの方がはるかにおかしいことだと思うね、僕は。先頭バッターにホームラン、それでフォアボール、フォアボール。リズムもヘッタクレもあったもんじゃないですね。(坂本勇の)エラーも絡んではいるけどもね。立ち直りを期待したけれども、ピッチャー(和田)に対してフォアボール。みんなで積み上げてここまで交流戦の優勝戦という形に持ち込んでいるわけですから。一人の選手だけに任せるというわけにはいかないね」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 菅野智之 メジャー移籍
東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月24日の野球記事
「巨人・菅野 復活への道に難しい2つの選択肢」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    原が監督をやるのが一番では?ちゃんと理論とかがあって言うのならまだしも、出鱈目なことだけをしながら変な理論を言い出す。それなら最初から”ただの勘だ”と言えば済む話。

    0
  • 匿名さん 通報

    いっそ自分が投げれば!できねえだろ?他人に厳しく自分に甘く♩

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「菅野智之 + メジャー移籍」のおすすめ記事

「菅野智之 + メジャー移籍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「前田健太」のニュース

次に読みたい関連記事「前田健太」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「菊池雄星」のニュース

次に読みたい関連記事「菊池雄星」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。