大坂なおみ世界ランク1位陥落に解説者「2位じゃダメですか?」

記事まとめ

  • 女子テニスの大坂なおみが、1月28日から死守してきた世界ランキング1位の座から陥落することが23日、決定した。
  • 大事なウィンブルドン選手権の前に暗雲が垂れ込めた格好だが、DAZNテニス中継解説者の佐藤武文氏は「このほうがいいです」と意外な見解を示した。
  • 佐藤氏は「今はむしろ2位から出直したほうがいいプレーができるでしょう。逆にチャレンジャーとしてパフォーマンスするほうが大坂選手に合っている」という。

世界ランク1位陥落 大坂なおみ“2位じゃダメですか?いいんです!”

世界ランク1位陥落 大坂なおみ“2位じゃダメですか?いいんです!”
精彩を欠く大坂はランク1位からの陥落でどう変わるのか(ロイター)

 新女王は復活できるのか? 女子テニス大坂なおみ(21=日清食品)が1月28日から死守してきた世界ランキング1位の座から陥落することが23日、決定した。ネイチャーバレー・クラシック(英バーミンガム)を制した同2位アシュリー・バーティ(23=オーストラリア)がポイントで上回り、24日付世界ランクで1位に浮上。大坂は4大大会のウィンブルドン選手権(7月1日開幕、ロンドン)を前に痛い2位転落となったが、専門家の見解では意外にも「好都合」だという。

 今年1月の全豪オープンで4大大会2連勝を飾った大坂は、同28日にアジア人として初めて世界の頂点に立った。だが、ここからが苦境の連続。サーシャ・バイン・コーチ(34)との契約解除を“起点”にトーナメント序盤で敗退する日々が続き、イライラを爆発させるシーンも目立った。苦しみながらも約5か月間にわたって“薄氷の1位”を死守してきたが、ネイチャーバレー・クラシックでは2回戦敗退。優勝した世界2位バーティにポイントで逆転され、ついに天下を明け渡すことになった。

 大事なウィンブルドン選手権の前に暗雲が垂れ込めた格好だが、DAZNテニス中継解説者の佐藤武文氏(47)は「今の大坂選手にとっては、このほうがいいです」と意外な見解を示した。どういうことか。

「口では『1位を意識しない』と言っていましたが、相当の重圧があったはず。最近は力でねじ伏せようとするプレーも顕著に出ていましたから」(佐藤氏)


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月25日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「錦織圭」のニュース

次に読みたい関連記事「錦織圭」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「西岡良仁」のニュース

次に読みたい関連記事「西岡良仁」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ダニエル太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「ダニエル太郎」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。