平地ウッドチップコースにも「調教時計自動計測システム」導入

 坂路のみで使用されている調教時計の自動計測システムが、2021年末をメドに美浦、栗東両トレセンの平地ウッドチップコースにも導入される予定。

 現在、坂路以外は手動計測のため、採時する場所によりタイム差が生じるのが避けられなかったが、これにより坂路同様“共通時計”となる。現在のところ、函館、小倉などローカル競馬場で運用する予定はない。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月25日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。