【ラジオNIKKEI賞】トップハンデは過去10年で〈2・0・0・12〉と不振

【ラジオNIKKEI賞】トップハンデは過去10年で〈2・0・0・12〉と不振
ラジオNIKKEI賞 過去データ

【ラジオNIKKEI賞(日曜=30日、福島芝1800メートル)過去10年ワンポイント】連対率はともに50%だが、〈2・3・1・4〉の1番人気より〈4・1・1・4〉の2番人気のほうが勝率はいい。近5年は必ずどちらかが連に絡んで馬単配当も4桁止まり。

 連対馬の前走を見ると、4頭のプリンシパルS(着順は17→2→1→3)、白百合S(同1→2→3→1)が最多。条件戦経由馬8頭は7頭が勝利していた。

 トップハンデは〈2・0・0・12〉と不振。勝った2015年アンビシャス、18年メイショウテッコンは連対馬最多の前出オープン特別Vから連勝を決めた。

 データ的には白百合Sを勝って参戦するレッドアネモスが最有力。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月25日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。