【ラジオNIKKEI賞】ウインゼノビア「小回りコースで本来の先行力を生かせれば」

【ラジオNIKKEI賞(日曜=30日、福島芝1800メートル)注目馬25日朝の表情:美浦】ウインゼノビアは坂路1本のメニューで4ハロン67・2秒を計時。最終追い切り(26日)に備えた。

 青木調教師「もう馬はできているし輸送も控えているので、体を減らさないようなイメージで調整しています。距離が長かったうえ、スタンド前発走でイレ込んだ前走(オークス=13着)は度外視できる一戦。小回りコースで本来の先行力を生かせれば」

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月25日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「宝塚記念」のニュース

次に読みたい関連記事「宝塚記念」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「高松宮記念」のニュース

次に読みたい関連記事「高松宮記念」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「天皇賞」のニュース

次に読みたい関連記事「天皇賞」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。