凱旋門賞にキセキ出走決定 ロジャーバローズと2頭出し

記事まとめ

  • 宝塚記念で2着だったキセキがパリロンシャン競馬場で行われるGI凱旋門賞(へ出走することが正式に決定した。
  • 角居厩舎は日本ダービーを制したロジャーバローズとの2頭出しとなる。
  • 角居調教師は「レベルの高い2頭で行けるのはいい」と話している。

【凱旋門賞】キセキ出走決定 ロジャーバローズと2頭出しの角居調教師「レベルの高い2頭で行けるのはいい」

 宝塚記念で2着だったキセキ(牡5・角居)が10月6日にパリロンシャン競馬場で行われる仏GⅠ凱旋門賞(芝2400メートル)へ出走することが25日、正式に決定した。これで角居厩舎は日本ダービーを制したロジャーバローズ(牡3)との2頭出しとなる。「向こうでは調教パートナーがいなくなるので、そういう意味ではレベルの高い2頭で行けるのはいいと思います」と角居調教師は説明。現地での滞在厩舎、ステップレース、鞍上などは未定となっている。

 すでに凱旋門賞へは7頭の日本調教馬が登録していて、フィエールマン(牡4・手塚)がルメールで出走を予定している。またブラストワンピース(牡4・大竹)も出走を視野に入れている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年6月26日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「有馬記念」のニュース

次に読みたい関連記事「有馬記念」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「日本ダービー」のニュース

次に読みたい関連記事「日本ダービー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「桜花賞」のニュース

次に読みたい関連記事「桜花賞」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。