【南米選手権】王国ブラジル ペルー下し4大会ぶり9回目の優勝

【南米選手権】王国ブラジル ペルー下し4大会ぶり9回目の優勝
南米制覇を果たし、歓喜のブラジルイレブン(ロイター)

【ブラジル・リオデジャネイロ7日(日本時間8日)発】南米選手権決勝が行われ、開催国のブラジルがペルーを3―1で下し、4大会ぶり9回目の優勝を飾った。

 大観衆の声援に後押しされた“カナリア軍団”は開始から攻勢に出て、前半15分に先制に成功。右サイドを巧みなフェイントで相手DFを振り切ったMFガブリエルジェズス(22=マンチェスター・シティー)がクロスを入れ、逆サイドのMFエベルトン(23=グレミオ)が流し込んだ。

 44分にはゴール前のハンドの反則でPKを献上して同点とされたが、48分にショートカウンターからガブリエルジェズスが中央から決めて再びリードを奪った。

 後半はブラジルがチャンスをつくるが決めきれず、ペルーはなかなか攻撃の糸口を見つけられない展開。ブラジルは25分、ガブリエルジェズスが判定に異議を唱えて2度目の警告を受け、まさかの退場処分を受けた。それでも数的不利を思わせない攻撃を見せて、終了間際にPKを獲得し、ダメ押しの3点目。6分のアディショナルタイムを消化して、歓喜の瞬間を迎えた。

 大会前はエースのFWネイマール(27=パリ・サンジェルマン)の離脱で不安の声も多く、1次リーグ2戦目のベネズエラ戦ではまさかのスコアレスドロー。批判も多かったが、代役のエベルトンらの活躍もあって、穴を埋めた。若手の台頭も見られ、サッカー王国は久々のタイトルに酔いしれた。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年7月8日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。