【全日本】秋山準社長が退任 今後はGMとして「令和の長州力を目指す」

【全日本】秋山準社長が退任 今後はGMとして「令和の長州力を目指す」
秋山GMと福田社長(左)はガッチリ握手を交わした

 全日本プロレスの秋山準(49)が、8日付で「オールジャパン・プロレスリング」の社長を退任したことが9日、本紙の取材で分かった。2014年7月1日の就任から団体の再建と選手育成に尽力し、5年の節目でバトンタッチした。今後はGMとして現場を統括する。後任には実質的な団体のオーナー、福田剛紀氏(53)が新社長に就任。10日の東京・後楽園ホール大会で正式発表される予定で、老舗団体が新たな局面を迎えた。

 8日に横浜市内で行われた株主総会で、秋山の退任と福田氏の新社長就任が決まった。秋山は本紙の取材に「社長として5年がたって、オーナーから会長にという話をいただいた。だけど自分としては選手の近くにいたいという気持ちがあったから、現場にいさせてほしいと希望した。この先のことを考えると、団体を大きくするためにも経営はオーナーにやっていただいた方がいい」と経緯を明かした。

 昨年から会長就任の打診を受けていたが、秋山の心は変わらなかった。福田社長は「負のイメージを払拭し、活気ある状態にしてくれた。十分に成果を出してもらいました。選手の育成、リングのクオリティーを維持することだけじゃなく、経営までお願いして、しんどかったと思う。5年、頑張っていただいたので、今後は数字を追いかけるのではなく、リングの戦いに専念してもらいたい」と語った。

 秋山が社長に就任した2014年7月、団体は低迷期だった。12年11月に全日プロを運営する全日本プロレスリングシステムズ社の白石伸生氏がオーナーになったものの、13年6月に武藤敬司らW―1勢の大量離脱を招き、客足も遠のいた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年7月10日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「橋本真也」のニュース

次に読みたい関連記事「橋本真也」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「三沢光晴」のニュース

次に読みたい関連記事「三沢光晴」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「天龍源一郎」のニュース

次に読みたい関連記事「天龍源一郎」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。