テイラー・スウィフトが「世界で最も稼ぐセレブ」年収200億円、4位メッシの1・5倍

記事まとめ

  • 米経済誌「フォーブス」による2019年度版「世界で最も稼ぐセレブ100人」が発表され、テイラー・スウィフトが3年ぶり2度目の1位に輝いた。
  • テイラーが過去1年間で得た収入は、1億8500万ドル(約200億円)だった。
  • 4位のスペイン・バルセロナ所属のリオネル・メッシは1億2700万ドル(約137億円)を稼いだ。

「世界で最も稼ぐセレブ」はテイラー・スウィフト 年収200億円はメッシの1・5倍

「世界で最も稼ぐセレブ」はテイラー・スウィフト 年収200億円はメッシの1・5倍
米歌姫テイラー・スウィフト(ロイター)

 経済誌「フォーブス」による2019年度版「世界で最も稼ぐセレブ100人」が10日発表され、米歌姫テイラー・スウィフト(29)が、3年ぶり2度目の1位に輝いた。テイラーが過去1年間で得た収入は1億8500万ドル(約200億円)だった。

 テイラーは昨年5月から11月まで最新アルバム「レピュテーション」をテーマにした全米スタジアムツアーを敢行。全公演ソールドアウトで、米国ツアーとしては史上最高額となる2億6600万ドル(約287億円)を売り上げた。同誌は今回の収入の多くは、同ツアーによるものだったとしている。

 同番付2位は米セレブ一族、カーダシアン家の末娘カイリー・ジェンナー(21)で、年収は1億7000万ドル(約183億円)。カイリーは自身が起業した化粧品など美容グッズを製造・販売する会社「カイリー・コスメティックス」を経営。若い女性から人気を集め、昨年の年商は3億6000万ドル(約388億6000万円)に上った。

 3位はカーダシアン家の次女キム・カーダシアン(38)の夫でラッパー兼音楽プロデューサーのカニエ・ウェスト(42)で、年収は1億5000万ドル(約162億円)。

 同誌によると、カニエはスポーツ用品大手アディダスと提携した自身のスニーカーブランド「イージー」をプロデュース。1足あたりの卸売価格の15%がカニエのライセンス料だという。音楽活動に加え、スニーカーの売り上げが収入を押し上げたとしている。

 4位はアルゼンチンのサッカー選手で、スペイン・バルセロナ所属のリオネル・メッシ(32)で1億2700万ドル(約137億円)。5位は英シンガー・ソングライター、エド・シーラン(28)で1億1000万ドル(約119億円)だった。テイラーはあのメッシの1・5倍稼いだことになる。

 サッカー界からはイタリア・ユベントス所属のポルトガル代表クリスチアーノ・ロナウド(34)が6位、フランス・パリ・サンジェルマン所属のブラジル代表ネイマール(27)が7位と続いた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年7月12日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「岡田奈々」のニュース

次に読みたい関連記事「岡田奈々」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「村山彩希」のニュース

次に読みたい関連記事「村山彩希」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「古畑奈和」のニュース

次に読みたい関連記事「古畑奈和」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。