裕次郎&渡哲也“伝説のデュエット”三十三回忌でよみがえる超お宝音源

裕次郎&渡哲也“伝説のデュエット”三十三回忌でよみがえる超お宝音源
生前の裕次郎さんと渡。2人の歌声がよみがえる!

 1987年に52歳で亡くなった石原裕次郎さんと俳優・渡哲也(77)らとのプライベートカラオケ音が、裕次郎さんの命日である17日に「石原裕次郎・渡哲也 プライベート」(2枚組み)としてCD発売される。

<DISC1>には、81年、解離性大動脈瘤の大手術を受けた裕次郎さんが、82年と83年に山梨・山中湖の別荘で療養中、渡が中心になって癒やしの場にと、カラオケや会話を楽しんでいる様子が収録されている。

 また<DISC2>には98年ごろ、渡が知り合いの店でカラオケを楽しむ様子が収録されている。

 音源は渡のマネジャーが持っており、昨年末に自身の車で聞くために「CDに焼けないか?」と事務所に持ち込んだことが商品化へのきっかけだったという。

 当時、テイチク株式会社(現株式会社テイチクエンタテインメント)で裕次郎さんの担当ディレクターを務めた後藤武久氏が商品化に尽力。プライベートの音源を商品化することに悩んだというが、後藤氏は「音源を聴いたら素晴らしくて…。大スター・裕次郎さんの素の姿、プライベートでもこんなに歌がうまいんだ、と知ることもできる。三十三回忌ということで許していただいて、出させていただこうかと」と話した。

 ヒット曲「俺は待ってるぜ」など6曲は、渡とのデュエットも初収録。また、60年に石原まき子夫人との披露宴で歌った「想い出」も収められている。この曲は、2人が出会った映画「狂った果実」(56年公開)の劇中で裕次郎さんが歌ったもの。裕次郎さん本人が「悪い言葉で言うと、僕とまき子が“デキた”曲。大変、僕には思い出深い曲で映画でした」などと紹介し、歓声を浴びる様子も分かる。

 渡は「裕次郎さんは大変お酒に強く、好きでした。裕次郎さんとお酒を酌み交わす機会も多く、よくお声が掛かりました。会社の付き合いや山中湖の別荘、自宅、忘年会など、一杯入ると、よく“社歌”と裕次郎さんが言っていた『岸壁の母』、また『旅姿三人男』などをデュエットで歌ったり、各自自慢の喉を披露したりしました」と振り返っている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

渡哲也のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る 2019年7月13日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「戸次重幸」のニュース

次に読みたい関連記事「戸次重幸」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「真田広之」のニュース

次に読みたい関連記事「真田広之」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ショーン・ペン」のニュース

次に読みたい関連記事「ショーン・ペン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら