ソフトバンクに“令和のホーナー”が誕生する可能性は?

 パ・リーグ首位を走るソフトバンクの来季の補強戦略に、超大物助っ人取りの可能性が浮上している。今オフに複数の助っ人の契約が切れる。さらに来季は東京五輪も控えている。期間中にペナントレースは中断されるものの、4人いるキューバ軍団は母国優先が想定される。今年もグラシアル、モイネロが母国の国際試合に出場するため、まもなく一時離脱する。

 いくら優良助っ人揃いとはいえ、キューバに完全に軸足を置くのはリスクが伴う。現在は米国大物路線での助っ人調査をしていると見られ、注目されるのが「世界戦略」の次なる一手だ。今季は大きな第一歩として5月末に昨年の米ドラフトで1位指名されたカーター・スチュワートを獲得した。

 直近の市場の動向は、前例のないサプライズ補強ができる好機。フロント幹部も思わぬ超大物取りの可能性について「我々は今回のスチュワートもそうだが、世界中でいい選手を探している。その点でいえば今の(米国の)マーケットの冷え込みというのはチャンスではある。(市場を)注視はしていく」と話した。

 昨今の米FA市場には大寒波が到来している。補強費が高騰する一方だったのが一転、買い叩く流れになっており浪人する大物も出ている。今年でいえば史上最年少で通算300セーブを挙げたクレイグ・キンブレル(31=現カブス)、2015年のサイヤング賞左腕ダラス・カイケル(31=現ブレーブス)。両投手ともドラフト後の6月まで未所属だった。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年7月15日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。