【セレクションセール】オーシャンフリートの18 最高落札額3600万円

 サラブレッド1歳市場「セレクションセール2019」(主催・日高軽種馬農協)が16日、北海道新ひだか町の北海道市場で行われた。


 今年の上場頭数は236頭(牡馬178頭、牝馬58頭)。最高落札額はオーシャンフリートの18(牡=父パイロ)の3600万円(税別=以下同じ)で小笹公也氏が競り落とした。2位はリアルヴィーナスの18(牡=父ロードカナロア)とレックスレイノスの18(牡=父ハーツクライ)が3550万円で並び、その差はわずか50万円。牝馬の最高額はムーンライトベイの18(父モーリス)で2800万円。半姉の桜花賞2着馬シゲルピンクダイヤを所有する森中蕃氏が落札した。


 セールの売り上げは好況で全体の売却率は83・47%。これは17年の81・42%を上回る史上最高の売却率となった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 桜花賞 追い切り
東スポWebの記事をもっと見る 2019年7月17日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「桜花賞 + 追い切り」のおすすめ記事

「桜花賞 + 追い切り」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「オークス」のニュース

次に読みたい関連記事「オークス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「天皇賞」のニュース

次に読みたい関連記事「天皇賞」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。