96年夏甲子園決勝・松山商VS熊本工の奇跡のバックホーム 新田浩貴が語った23年目の真実

96年夏甲子園決勝・松山商VS熊本工の奇跡のバックホーム 新田浩貴が語った23年目の真実
甲子園史に残る「伝説のプレー」を振り返る新田さん

【野球探偵の備忘録91】1996年、夏の甲子園決勝。延長10回裏一死満塁の場面で、松山商の右翼手・矢野勝嗣が投じた本塁へのダイレクト送球は、今も高校野球ファンの語り草になっている。伝説のワンプレーの直前、矢野に代わってベンチに退いた新田浩貴が“奇跡のバックホーム”23年目の真実と、そこに至るまでの壮大なプロローグを明かした。

「矢野さんのところに打球が飛んだ瞬間、うれしくって仕方なかったんです。“俺じゃなくてよかった!”って。よく『誰もがサヨナラを覚悟した』って表現されますが、僕は不思議と負ける感覚はなかった。あの交代がなければ、あやうく僕が戦犯になるところだったんですから」

 今から23年前、夏の甲子園決勝。松山商の先発・新田は熊本工を9回二死まで2失点に抑える好投で、春夏通算7度目の全国制覇へあと一歩に迫っていた。3―2、深紅の大優勝旗まであと1人というところで熊本工の6番・沢村にソロ本塁打を被弾。試合は振り出しに戻り、そこから筋書きのないドラマが始まる。

 延長10回裏、一死満塁で迎えたサヨナラのピンチ。熊本工の3番・本多が放った右翼への大飛球は、三塁走者の星子がタッチアップするには十分すぎる飛距離があった。右翼には降板した新田が入っていたが、この直前に矢野に交代していた。矢野は浜風に押し戻された打球を捕球後、勢いそのまま本塁にダイレクト送球。大暴投とみられた返球は、今度は浜風に乗り、ここしかないというピンポイントで捕手・石丸のミットに収まった。熊本工に傾いていた流れは一気に松山商に。延長11回表に矢野の二塁打から3点を挙げ、伝説の試合は幕を閉じた。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年7月18日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。