平成の怪物中日・松坂に令和の冷遇 与田監督は及第点もチーム内では評価二分

平成の怪物中日・松坂に令和の冷遇 与田監督は及第点もチーム内では評価二分
5回一死一塁、糸原に死球を与えてぼう然とする松坂

 中日・松坂大輔投手(38)が16日、昨年9月13日の阪神戦(甲子園)以来306日ぶりに一軍マウンドに戻ってきた。16日の阪神戦(ナゴヤドーム)は勝ち負けこそつかなかったが、5回91球を投げて4安打2失点にまとめ、チームの6連勝をアシスト。だが、球団内では厳しい声も上がるなど昨季との“温度差”も見え隠れしている。「平成の怪物」は、令和ではどうなってしまうのか…。

 春季キャンプでファンと接触して右肩を痛め、二軍調整を行ってきた松坂が満を持して登場だ。

 立ち上がりは不安定さを露呈した。初回に近本、糸原に連打され糸井の犠飛であっさり先制点を献上。逆転してもらい1点リードの3回二死一、二塁でも糸井に適時二塁打を浴びて同点にされた。しかしその後、二死満塁のピンチを招くも陽川に渾身の球を外角高めに投げ込み見逃し三振に斬って落とした。

 最速は142キロを計測したが、直球は1割程度で変化球中心のピッチング。苦しみながらもなんとか5回まで投げ切った。与田監督は「まだまだ満足はしていないけど、5回までしっかりゲームをつくったし、ピンチのときに次の失点をしない粘り強さも出してくれた。非常に気合も入っていた」と及第点を与えた。

 松坂は「なかなか満足できるような投球ではなかったけど、結果、チームの連勝を止めずに済んでよかった。久しぶりにゲームの中で腕を振って投げることができた」と振り返った。

 昨季は中6日で投げたのは一度だけで、基本的には中10日以上の間隔を空ける“投げ抹消”を繰り返した。気になる次回登板について、与田監督は「(一軍登板の)可能性は高い。大輔を一軍に上げるにあたって特に気をつけないといけない。明日以降しっかりチェックして決めたい」と慎重に話した。しかし、投げ抹消について指揮官は「その可能性はある」と話すものの、松坂は「できれば中6日で行きたいけど、そのへんも含めて監督と話している」としており、本人の希望通りになるかどうかは微妙だ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 松坂大輔 ソフトバンク
  2. 松坂大輔 年俸
  3. 松坂大輔 引退
東スポWebの記事をもっと見る 2019年7月17日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「松坂大輔 + 登板」のおすすめ記事

「松坂大輔 + 登板」のおすすめ記事をもっと見る

「松坂大輔 + 松坂世代」のおすすめ記事

「松坂大輔 + 松坂世代」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「投手」のニュース

次に読みたい関連記事「投手」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。