新国立競技場 まだら模様観客席の深イイ意図

 五輪会場に驚きの新手法――。2020年東京五輪まで残り1年に迫り、競技施設の工事も急ピッチで進行中だ。そんな中で本番会場となる新スタジアムの「座席の色」に“異変”が起きている。3日に公開されたメイン会場の新国立競技場(東京・新宿)のスタンドは珍しいまだら色、ハンドボール会場の代々木第一体育館(東京・渋谷)の座席もなぜか濃い青に変更中だという。そこに隠された“裏の狙い”が本紙の取材で明らかになった。

 約9割が完成している新国立競技場の写真を見て「おや?」と感じた人も多いだろう。観客席をよく見ると、白、黄緑、グレー、深緑、濃茶が入り交じっている。この5色の「アースカラー」は森の木漏れ日をイメージしたもの。「自然と調和するスタンド」とうたわれているが、これは表向きだ。実は知れば知るほど深~い意図が隠されているという。

 ある競技団体の幹部はこう語る。「まだら模様にした理由はもう一つあって、空席を目立たないようにしているんです。これは海外のスタジアムでも使われている手法なんですよ」。確かに写真を見ると、無人の会場にもかかわらず、超満員に膨れ上がるスタンドのようにも見える。

 さらに、ハンドボール会場となる代々木第一体育館も同じ技法を導入している。現在、改修工事中で11月にリニューアルオープン。その座席は水色から濃い青色に変更されるという。同体育館の事業課に問い合わせると「以前の水色だと空席が目立つ。複数の競技団体にどんな色がいいか?をレクチャーしてもらい、会場が暗くなると空席が見えづらくなる濃い青に決めました」と目的を堂々と認めた。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「新国立競技場 まだら模様観客席の深イイ意図」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    まぁコンサートをしても閑古鳥が鳴きそうだろうけどな。今あそこで客を呼べる日本人アーティストでどれぐらいいるかという話になるわな。外人頼みだったりしてな。

    1
  • 匿名さん 通報

    んなことよりも、くだらんオリンピックの後利用を考えろや。負の遺産なぞいらん。無駄な血税掛けてそのあとまで尻拭いはいらん。いっそのことここですべての「おままごと」をここでしたらいい。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク