錦織圭 全米オープンでの躍進誓う「リフレッシュして備えたい」

錦織圭 全米オープンでの躍進誓う「リフレッシュして備えたい」
左から錦織圭、「サンドウィッチマン」の伊逹みきおと富澤たけし

 男子テニスの世界ランキング7位の錦織圭(29=日清食品)が17日、都内で行われた「東京2020復興のモニュメント」プロジェクトの発表イベントに登場した。

 このプロジェクトは、錦織が公式アンバサダーを務める住宅設備大手LIXIL(リクシル)と東京五輪組織委員会の合同企画。東日本大震災の被災地で供与を終えた仮設住宅のアルミ素材を再利用し、復興の象徴となるモニュメントを作製しようという試みだ。

 かねて復興活動を積極的に行ってきたお笑いコンビのサンドウィッチマン(伊達みきお=44、富澤たけし=45)とともに“復興応援団”としてイベントに参加した錦織は「こういう形でアスリートを応援してくれるモニュメントに変わるのはすごくいいアイデア」と喜んだ。

 錦織は14日に閉幕したウィンブルドン選手権(英国・ロンドン)の男子シングルス準々決勝で史上最強の“芝王者”ロジャー・フェデラー(37=スイス)に敗れてベスト8で姿を消した。激戦を終え、現在は一時帰国中で「タフな試合が続いたので、ヨーロッパの疲れをちょっとリフレッシュし、後半はアメリカから始まるので、しっかり次に備えたい」と、次なる4大大会・全米オープン(8月26日開幕)での躍進を誓った。

 また、来年の東京五輪に向けては「ちょっとずつ気持ちが高まっている。まだ準備期間はあるけど、すごく近づいてきていると感じます。メダルを取れるように頑張りたい」と語った。

 最後に3人はプレートにメッセージを記入。錦織は「未来を変える」、伊達は「東北魂」、そして富澤のプレートにはなぜか「エール」の文字。「なにか深い意味があるのかと思った」という錦織だが、富澤は「エールを書いてと言われたので」。自らのボケを説明するまさかの展開となったが、会場は大きな笑いに包まれた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 錦織圭 Instagram
  2. 錦織圭 twitter
  3. 錦織圭 全米オープン
東スポWebの記事をもっと見る 2019年7月17日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「錦織圭 + 全米オープン」のおすすめ記事

「錦織圭 + 全米オープン」のおすすめ記事をもっと見る

「錦織圭 + 最新ランキング」のおすすめ記事

「錦織圭 + 最新ランキング」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ノバク・ジョコビッチ」のニュース

次に読みたい関連記事「ノバク・ジョコビッチ」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。