【参院選】国民から出馬 「マッサン」俳優・乃木涼介氏イバラの選挙ロード

 参院選(21日投開票)の神奈川選挙区(定数4)に国民民主党から俳優の乃木涼介氏(54)が出馬し、大激戦の真っただ中にいる。

 NHK朝ドラ「マッサン」やテレ朝「相棒」などに出演するなど、俳優として活動していた乃木氏は、政界を志してからは苦難の連続だ。

 もともと地元の大阪7区で民進党から衆院選に出馬予定だったが、2年前に小池百合子都知事が「希望の党」を結党し、すべての歯車が狂った。

 乃木氏は選挙区を失い、空白区の神奈川15区へ国替えを余儀なくされた。同区は自民党河野太郎外相の地盤で、落下傘候補の乃木氏はあえなく落選。その後、民進党や希望は事実上消滅し、乃木氏は国民民主党から神奈川選挙区で公認を得ての出馬となった。

 しかし、同選挙区も小池劇場の“戦後処理”で収束していない。参院選には「希望」チャーターメンバーだった松沢成文氏(61=日本維新の会)、民進党から立憲民主党に移籍した牧山弘恵氏(54)らが出馬。選挙を後押しする地方議員も分断された状態が続いている。

 激戦となっている乃木氏だが、表情は明るい。17日、川崎・武蔵小杉駅での街頭演説会には玉木雄一郎代表が駆けつけた。真っ黒に選挙焼けしたワイルドな2人に、林立するタワーマンション在住の“ムサコマダム”は熱視線。玉木氏は「国民民主党は新参者の政党だが、街頭をやればやるほど浸透していっている」と手応えを感じている。

 乃木氏は「大好きだった俳優の仕事を辞めたのは、このままでは日本が危ないと思ったから。国会で仕事をさせてください」と訴えた。陣営のキャッチフレーズは「最高の人生(ドラマ)をあなたに」。ドラマさながらの選挙ロードを歩む乃木氏にハッピーエンドは訪れるか。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「選挙」に関する記事

「選挙」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「選挙」の記事

次に読みたい「選挙」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク