【柔道】向 左足骨折だった

【柔道】向 左足骨折だった
悲壮感はなかった向

 柔道世界選手権男子90キロ級代表の向翔一郎(23)が17日、所属のALSOK「スポーツの夕べ 2019」に出席。グランプリ・ブダペスト大会の1回戦で左足中足骨を骨折していたことを明らかにした。帰国後診断を受けて発覚。約1か月後に大一番を控えながら痛い故障だが「自分は普通の人間ではないので、回復が早い。親に感謝します。普通が1か月ぐらいだったら1週間くらいで治します」と悲壮感はまるでなし。“柔道界の異端児”は「1回戦で折れたのに普通にやれていたので、痛くても勝てます」と力を込めた。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年7月18日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。