【柔道】25歳で世界選手権初代表 苦労人・丸山の夢

【柔道】25歳で世界選手権初代表 苦労人・丸山の夢
丸山(手前)は初の世界一へ順調に調整を続ける

 柔道の世界選手権(8月25日開幕、東京・日本武道館)男子66キロ級で個人戦代表に初選出された丸山城志郎(25=ミキハウス)が17日、母校の天理大(奈良・天理市)で練習を公開した。

 4月の全日本選抜体重別決勝で“怪物”阿部一二三(21=日体大)との13分を超える死闘を制し、阿部とともに代表切符を手に入れた。その際に右手首を負傷したが「そのおかげで少し休めた」と調整は順調な様子だ。「重い階級の選手と乱取りをして、どこからでも技に入れる強さを身につけることを意識している」との言葉通り81、90キロ級の学生と積極的に組み合った。

 天理大2年の時には左ヒザを手術し、試合に出られない期間に活躍する阿部を見て「悔しかった」という。直近では2連勝と“怪物キラー”ぶりを発揮しているが「世界選手権で勝たないと(東京)五輪代表に選ばれない」と気を引き締める。

 25歳で初代表という遅咲きの苦労人。世界王者、その先にある最大目標の東京五輪金メダルにはここからが本番だ。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年7月18日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。